読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心に残る「お笑イイ言葉」 ~お笑い動画中毒者の日記~

インパクトのあるお笑い芸人・漫才・コント・ネタや心に残るフレーズを紹介するブログ

【キングオブコント2016】本当だったらちょっと恐い?巨匠のコント『おじさんを作るおじさん』【解散】

【スポンサーサイト】

内容

 お笑いコンビ・巨匠キングオブコント2014決勝で披露したコント『おじさんを作るおじさん』

※この中,もしくは下の「お笑イイ言葉」の中からキーワードを選んで動画を検索してみてください.

お笑イイ言葉

  • 見たらわかるだろ,パチンコ玉を競馬新聞で包んでるんだ
  • おじさん実は,おじさんを作ることができるんだ
  • おじさんっていってもランクの低いおじさんだけな
  • これ一晩寝かしたらパチンコ屋の前にならんでるよこれ
  • なんか碁石みたいな目をした奴いるだろ?
  • 自分より下のおじさんをバンバン作っることによって地位を上げていってるんだ
  • 人の価値観を否定するのだけは絶対にやめろ
  • おじさんこの時間になると足が勝手にパチンコ屋に向かうんだ

感想

昨日に引き続き,お笑いコンビ・巨匠のコントを紹介.前回の巨匠に関する記事でも,巨匠のコントにはどこかリアリティがあって,どこか恐いと述べましたが,本記事で紹介するコント『おじさん』もありえない話だけどちょっとリアリティがあって,ちょっと恐い.

巨匠に関して前回書いた記事はこちら

コントの設定・ストーリー

岡野さん演じるおじさんが何か作業しているのを,本田さん演じる子供が見つけて「おじさん何してるの?」とたずねるところからコントがスタート.おじさんの答えは「パチンコ玉を競馬新聞で包んでおじさんを作っている」.このおじさんと子供のやりとりでいろいろな事実が明らかになっていくというストーリー.いろいろな事実というのは,例えば,こうして作られるおじさんはランクの低いおじさんであり,朝はパチンコ屋に並ぶ碁石みたいな目をしている,など.さらにコントが進んでいくと,おじさんを作っているおじさんも,実は作られたおじさん(パチンコ玉を新聞紙で包んで,さらに焼酎をぶっかけるとできる,少しランクの高いおじさんだそうです(笑))であることが明らかに・・・

「ランクの低いおじさん」というのを題材にしているため,これらの事実が明らかになったとき笑いが起きていましたが,なんだかロボットが出てくるSF的なストーリーとも読み取れますよね.最後はおじさんロボットに地球が侵略されちゃうみたいな。。ありえない話なのにちょっとぞっとしてしまう,SF映画を見ているような気分になりました.そして以前の記事にも書いたのですが,この感じ,ごっつえぇ感じのコントを見ていたときに同じような気持ちになった記憶があります.ダウンタウン・松本さんが作るコントも,ありえない話ですがどこかリアリティがありますよね,それと同じ.私の推測では,コントを考えている岡野さんは松本さんの影響をかなり受けているのではないかと・・・

なかなかインパクトもあり,本番では好評価だったのですが,一回戦でシソンヌ(この年優勝)に当たってしまい,54対47という僅差で惜しくも敗れてしまいました(この年のキングオブコントは対戦形式).でも松本さんは「もう一本見たい」と巨匠を称賛していました.ちなみにシソンヌVS巨匠を「ファンタジーの戦い」と言及していました(笑)

岡野さんは借金を抱えている

キングオブコント2014の巨匠の紹介VTRで,岡野さんは借金を抱えており,その額なんと700万円であることが放送されていました(ちなみに翌年のキングオブコント2015では借金の金額が800万円に増えていました).原因はギャンブルだそうです.岡野さんはコント中,いつもニコニコしていますが,このコントのおじさんのようにどこか闇を抱えている役をいつも演じています.このキャラはもしかしたら実体験から来ているのかもしれませんね.そうだとしたら,この世界観が作れるのも納得です.

一方で,相方の本田さんはコツコツと小道具づくりをしている真面目キャラ?だそうです.かなり手先が器用なようですね.

キングオブコント2015後に解散・・・

なかなか結果が出ない中,ついに本田さんは興味を持っていた料理の腕を磨くべく,巨匠を解散し料理人の道へ進みます.もしキングオブコントで優勝できたら・・・長い下積み時代が全てネタになって,活躍できたかもしれませんが,,,タラレバ話ですからね.仕方ないですが,面白いコントを作っていただけに本当に残念.岡野さんはピン芸人として続けるそうなので,またあの独特な世界観を作っていってほしいです.売れて借金返済,がんばってください!

※あくまで素人の感想です.本人も自覚しておりますので,過度なツッコミはご遠慮ください(笑)